読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水色メランコリー

thought/music/movies/boardgames/turf...

天皇賞(秋)

競馬

f:id:mayonaise-tele-tm:20161029212912j:image

今日は天皇賞(秋)(東京、芝2000m)。長い歴史のあるレースで今回は有力馬が出揃った!

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161029214507j:image

昨年の覇者ラブリーデイから、紅一点急成長中のルージュバックに、年度代表馬モーリス、安田記念で大復活を遂げたロゴタイプ、昨年菊花賞2着馬のリアルスティールなど豪華だが…。

僕が気になって仕方ない2頭がアンビシャスとエイシンヒカリ(僕が気になった馬は3着以内にあまり来てないじゃないか、というご意見には耳を塞がせて頂きます)。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161029222643j:image

まずアンビシャス。ラジオNIKKEI賞以降3歳牡馬3タイトルには挑まず臨んだ前回の天皇賞(秋)は5着だが、中山記念では出遅れながらもあのドゥラメンテにクビ差の2着、来年GⅠに昇格した大阪杯ではキタサンブラックラブリーデイを抑えての優勝。宝塚記念は16着と大敗も、毎日王冠ではルージュバックにクビ差の2着、ただこの時とは斤量差が1つ小さくなるから…。横山典の手腕に期待。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161029222652j:image

そしてエイシンヒカリ。戦績は[10.0.0.3]!1着か着外か、気持ち良い競馬をしてくれる逃げ馬だ。海外のGⅠを2つも制しているが、国内ではGⅡまで。既に引退が決定していて、国内GⅠはこれがラストラン。

武豊×逃げ馬といえば近年ではキタサンブラック、そして伝説馬となったサイレンススズカである。そしてそのサイレンススズカはこの天皇賞(秋)で圧倒的1番人気に支持されながらも3コーナー大けやきの向こう側で故障、引退、安楽死を迎えてしまうのだ。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161030075208j:image

競馬の「たられば」はサイレンススズカに凝縮されている、という人もいる程、これからが期待されていた馬だ。大逃げの競馬を確立したスーパーホース。そんな馬が18年前のこのレースで1枠1番、そして今年の1枠1番はエイシンヒカリなのである。叶えられなかった夢を繋げるのか、今回の天皇賞(秋)の僕の中での見所はそこである。

 

エイシンヒカリ

◯アンビシャス

サトノクラウン

ロゴタイプ、モーリス、ルージュバックステファノスラブリーデイ