水色メランコリー

thought/music/movies/boardgames/turf...

heart of gold

先日、とある先輩と話す機会があって、恋の悩みを聞いた。 お付き合いしているひとが深刻な精神的問題を抱えていて、理解できないんだけど理解したい、『それは「この人しかいない」って思っているから』とすんなり言えてしまえるくらい心が綺麗なひと。 "こ…

island in the sun

スーパーマリオRPGを始めた。 1年前にスーファミと一緒に買っていて、なかなかやる機会も気力も環境もなかったから眠っていたんだけど、PS4を知人にお貸ししているので引っ張り出した。 まだ小さい頃に従兄弟がプレイしているのを見ていただけだったけど、今…

in the arms of sleep

game centerは凄いなあ。 遠く離れた人とでもアプリでゲームを楽しめる。今日はバックギャモンを3時間ほど楽しんだ。 ボードゲームはいつでも楽しい。それが心を許せる人となら更に楽しい。 バックギャモンは奥深いゲームだ。 単なる双六ではないし、戦略を…

それでも

今日のお昼ごはんは弟と2人でうどん屋さん「山もみじ」へ。 最近食べたくてちょこちょこお昼に寄っていたんだけど、いつも人がいっぱいだったので振られ続けていた。今日は時間があったので少し並んで待って入った。 写真は冷やの肉野菜天ぶっかけ。以前食べ…

let me give the world to you

レット・ミー・ギヴ・ザ・ワールド・トゥ・ユー (アドア・アウトテイク)スマッシング・パンプキンズハードロック¥255provided courtesy of iTunes last chance to make believe in always and all it seems train wrecks hide underneath your umbrella set …

walk

生活が剥がれて、新しい自分が見えてきたりする。 思ったより心も体も軽くて、素敵な色の未来を夢見て日々を生きている。 コロナウイルスが熊本でもここ数日は毎日出ているし、クラスターも出てきたりして、折角の連休も出かけられなそうで気が滅入ってしま…

種と芽

「人間は幸福な時に不幸の種を蒔き、不幸な時に幸福の芽を出す」 辛かった時期に親戚の叔父から貰った言葉だけど、今になって言い当て妙だなあと思う。 人間なんてそんなものかもしれない。自惚れる生き物だし、波があって当然。ただ、それを分かっているの…

誰そ彼は

大切な時間はあっという間に過ぎ去っていく。 退屈な日々はだらだらと続くのに、神様は不公平だなあ、なんて思ったりする。 大事なものを抱きしめて生きていきたい。 それは目には見えないしスルスルとすり抜けていきそうなぼんやりした姿だけど、あたたかで…

うろん・ころん

4連休といえど、"go to トラベル"といえど、現状のコロナウイルスの状況ではあちこちうろんころんできない。まあ特にする必要も差し当たってないんだけど… TSUTAYAに行ってDVDでも借りよう、と思い立ち、旧作でウディ・アレンの「マンハッタン」準新作で「ゾ…

Cmaj7

最近ギターを引っ張りだして弾いている。 そんなに上手じゃないんだけど、好きな曲のコードを引っ張ってきてただゆるっと弾いているだけだけど… 「ジュテーム?」「真昼の子供たち」「放浪フリーク」「ナツノヒカリ」「更地」… 弦も3年以上換えてないけど、意…

new love

新しい家族がやってきた。 かわいい空色のポルテ。諸事情あってすごく安い車なんだけど、堪らなくかわいい。 今日納車だったけど、すぐにカーオーディオを付けたくて、弟に付き合ってもらってオートバックスに行った。 ただその店舗には欲しいものの在庫がな…

塞翁が馬

「人間万事塞翁が馬」 身の上話をしたときに取引先の方に言われた言葉。 勿論知っていたけれど、妙に突き刺さった。このところ精神的に参ってたから、その言葉を貰ってからは気持ちが安定するようになった。 今、僕が立っているこの場所がどれだけ苦しくても…

おカミさん

髪が伸びるスピードが、幾分か人より早い気がする。 俗に"イヤラシイ人は伸びるのが早い"なんて言われたりするけれど(強ち間違いでもないような気がするが)、頭の側部が張ったような形になっているので切っても割とすぐにみっともなくなるのだ。 職業上どう…

背中を押される

仕事上お付き合いのある方の家に、上司と一緒にお邪魔してご飯をご馳走になる機会があった。 兎に角奥様の作るご飯が美味しかった。鯛の刺身、ポテトサラダ、卵焼き、鯨のベーコン、鶏皮、マルチョウ、ビーフシチュー、カレー、珈琲まで… その方は元々大手の…

「スモーク」

人間は不器用な生き物なんだけれど、それでも手を取り合って生きていこうとする。人と人とが心を交わすとき、間には煙草があった。ゆっくりで良いんだよって、そう言っているような気がした。 煙の重さは、煙草を吸うまで分からない。 それを測ろうとすれば…

lighthouse

灯台が見たい。 息を飲むような、心が透き通っていくような、どこまでも照らしてくれるような、そんな灯台を。 一緒に見られる日はいつ来るかな。 その時の僕は間違いなく幸せだ。

裸足の季節

蝉の声がすると、ああ夏だな、と思う。 僕は暑さが嫌いだ。どちらかと言えば人より汗をかく方だし、何より身体が怠くなる。かと言ってエアコンの風ばかり浴びていても気分が悪くなる、わがままな身体だ。 それでも、夏は好きだ。色鮮やかな彩色、高く伸びた…

言葉にならない

想像以上の悪意の中で、誰かの優しさに触れたり、綺麗な心を覗き見たりすると、それだけで胸がいっぱいになって涙が溢れそうになる。 流石に泣くのは格好悪いから我慢するけれど、感謝の言葉を口にしようとすると声が上手く出てこなくて目に涙が溜まる。だか…

捨てられない

僕は本当に物が捨てられない男である。 所謂一つの、"断捨離"ができないのだ。 "部屋の乱れは心の乱れ"とも言うが、だとすれば僕の心は常に嵐が吹いて竜巻が起こって乱れに乱れているのかもしれない。それくらい物が多い男だ。 どれくらい物が多いかと言うと…

おめでとうの気持ちとともに

友人に第一子となる子どもが生まれた。本当におめでたいことである。 その夫婦は昔からよく知っているのだけれど、交際しているときからも仲が良く、サプライズで告白したり、部屋の装飾をして写真をたくさん撮ったり、まあ他人から見ても幸せな二人だ。 振…

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」

雨降りの土曜日にdenkikanで観てきた。 僕はやっぱりウディ・アレンという人が堪らなく好きだ。雨、ニューヨーク、ジャズ…どうしようもない美しいシチュエーションで描かれる、恋やアイデンティティー、モラトリアム。 僕たちはいつまでだって恋をするし、恋…

チャンス

価値観、人生観は人それぞれだ。 家族も、友人も、恋人も、夫婦も、それぞれの形があっていいし、正解はそれぞれにある。 「こうあるべきだ」とか「これが普通だ」なんて言葉は人に押し付けるべきではないし、その在り方で大いに悩むべきだ。 それは大切にし…

midnight in rainy day

やわらかなものにふれる まるっこくてじれったい 掴みどころがなくてあたたかな やわらかなもの 微睡みとチャンダンの香り 横目で観る「ナイト・オン・ザ・プラネット」 夜が声に溶けていく 僕が僕になる この時間がこのまま続けば良いと思った 他に何もいら…

タン、タン、メーン

今日は桃色大飯店(ネーミング…)に連れて行ってもらった。担々麺って美味しいですよね。 お勧めの担々麺があれば是非教えてくださいませ。 いつも有難うございます。 ----- JDDは坂井くんが勝ったんだね、カフェファラオがグリグリの1番人気で飛んで三連単は7…

on saturday(7/8雑記)

"月曜からの憂鬱を土曜の今日で食べ尽くした バターまみれの顔を君が見たら笑うかなぁ" ----- 土曜日はいつも煌めいている。 正確には金曜日の夜からそれは始まっている、翌日からのちょっとした夢の、その始まり。 だから土曜日はいつも素敵な日にしたい。 …

光芒

引っ掛かった小骨が米粒に絡まって食道を転がっていくように、或いは適当に遊んでいた知恵の輪が何の気無しに解けるように、はたと気付いたことがある。 あの日から時間が止まっている。 いや、正確にはあの日から"動こうとしていない"。 扉が開いているか確…

「ミッドサマー」

圧倒的な映像美と強烈な映画体験。目を背けたくなるようなシーンも確かにあるけれど、この映画は決してホラーではなく、主人公ダニーの不幸や不満、失恋からの脱却を描いたハッピーエンドの物語だ。また、すべて自分たちが基準だと信じて疑わないアメリカと…

マジカル・アイ

水色の風船が、少しでも触ると破裂してしまいそうな程膨らんでいる。 風船は溶けて、流れて、海になって、違う世界に辿り着く。 マジカル・アイを通して見る水色の形は偶然じゃないって、誰か教えてくれよ。

月はずっと

大変尊敬している先輩の言葉「噂は噂。その人がどんな人かは、自分で感じた感覚が全て」 僕は人見知りが故に、初めて接する前に予めどのような人なのか知人に聞いておきたい気持ちもあるし、それは別に悪いことではないけれど、重要なのは第三者の意見でその…

蘇生

水色の街まで飛んで行きたいのに、僕にはまだ羽根がない 指を咥えて眺める青々とした空 気持ちの良い声で歌いたいのに、僕にはまだ喉がない 美しいメロディなら浮かんでいる 玉虫色の未来の為に、ゴムみたいな日々を飲み込む 遠くで凛と咲く花の香りで何とか…