水色メランコリー

thought/music/movies/boardgames/turf...

RUN TO YOU

急に、走りたくなった。

不甲斐なさも、今の僕の置かれてる現状も、過去も、願いも、未来も、全部引っ括めて、走り出したくなった。

 

思い付いた勢いでランニングシューズを履いて、bluetoothのイヤフォンを引っ掴んで外に出た。

-----

思いが連なったプレイリストを再生して走り出す。

家から通っていた中学校まで約3km、取り敢えずそこまで目指して。

ずっと真っ直ぐの田舎町だけど、この景色を眺めるのは卒業して以来。

ウルフルズの「ぼくのもの」で泣きそうになる。

丁度中学校に着いた時に流れたのがスピッツの「フェイクファー」。思わず力一杯駆け抜ける。

f:id:mayonaise-tele-tm:20200626232647j:image

-----

この中学校を卒業して、今年でもう折り返してしまった。

この15年で僕の何が変わっただろう?

流れている音楽はその年月の間に好きになった、恋人もできた、でも今の僕に残ったものは?

僕はきちんと大人になれているだろうか。

あの頃の自分に逢ったときに果たして誇れるだろうか。

-----

そこから母校の小学校に回ってみる。

中学校からは700m。

僕が通っていた旧校舎は建て壊されているけれど、グラウンドはそのままだった。

頭の中で運動会をイメージしながら全力で1周してみる。

生温いけど少しだけひやっとした空気が気持ち良い。

グラウンドを出て、当時の下校ルートをそのまま帰ってみる。

 

小学校から家までも約3km。

クールダウンも兼ねて歩いて帰る。

道のりには延々と言っていいほど竹林がある。

あの頃に戻ったみたいで懐かしい。

雨の次の日なんか、竹を蹴って葉っぱに乗った水滴を落として遊んでいたっけ。

至る所で道草して冒険して。

わざと犬に吠えられ追いかけられて、それだけで楽しかったあの頃。

f:id:mayonaise-tele-tm:20200626232442j:image

-----

asian kung-fu generationの「遥か彼方」、サビで全力疾走する。

外灯もない田舎町で転びそうになりながら、楽しかった。気持ち良かった。

走っていて気持ち良いなんて、人生で初めてかもしれない。

運動不足の身体で、脚が棒みたいになったけど、何とも言えない多幸感があった。

-----

定期的にとは言わないけれど、フラストレーションが溜まったらまた走ろう。

そうやって少しずつ近づいていく。

僕は変わりたい。新しい世界が見たい。

 

"i wanna run to you

won't you hold me in your arms

and keep me safe from harm."