水色メランコリー

thought/music/movies/boardgames/turf...

蘇生

水色の街まで飛んで行きたいのに、僕にはまだ羽根がない

指を咥えて眺める青々とした空

 

気持ちの良い声で歌いたいのに、僕にはまだ喉がない

美しいメロディなら浮かんでいる

 

玉虫色の未来の為に、ゴムみたいな日々を飲み込む

遠くで凛と咲く花の香りで何とか息をしている

 

 

希望を掬い上げたいのに、僕にはまだ両手がない

代弁するように悲しそうに降り出した雨

 

地面を蹴って駆け出したいのに、僕にはまだ足がない

少しは走り方なら知っている

 

虹の掛かる道の先を、溜息を吐きながら想像した

その向こうで凛と咲く花の美しさをいつの日か感じたくて

 

 

心は持っている

僕はこれから生まれる

そう信じている