水色メランコリー

thought/music/movies/boardgames/turf...

菊花賞回顧

f:id:mayonaise-tele-tm:20161024232101j:image

先日の菊花賞、予想を見てもらえば分かる通り、まったくかすりもしておらず。。

結果はサトノダイヤモンド>レインボーライン>エアスピネル。全部全部切ってた!ここまで外すと逆に気持ち良い。財布の中身は気持ちよくないけどね。

中継を観ていたけれど、確かにサトノダイヤモンドステイヤー体型。対するディーマジェスティはどちらかと言えば長距離向きではないと言えばそうだけど…。

https://youtu.be/0I0EKPOAkzc

今回の菊花賞、レースを観てもらえれば分かるが、後半でペースは上がったけれどかなりスローペース。ディーマジェスティは道中四位の騎乗するレッドエルディストに蓋をされてて動けず、サトノダイヤモンドを見る形に。そこから抜け出すのに脚を使ってしまったが故に4コーナー以降伸び悩んだかな。サトノダイヤモンドは位置取りも良くて余裕たっぷりの競馬だったしね。

そして何より、輸送の問題が大きいかも。今回の菊花賞の馬券内の馬はすべて関西馬(因みに秋華賞も1〜3着すべて関西馬!)。ディーマジェスティもターフに入場するときも落ち着きが無かったし、ソワソワしてた。逆にサトノダイヤモンドレインボーラインは落ち着いてたもんな。どうしてもこの輸送の問題は付き物だから、今度からその点も予想の中に入れた方が良いかもしれない。

これで3冠のうち、皐月賞ディーマジェスティに、日本ダービーマカヒキに、菊花賞サトノダイヤモンドと分かれる事になった。「皐月賞馬は速い馬、ダービー馬は運の良い馬、菊花賞馬は強い馬」という言葉があるけれど、あながち間違いではないようだ。

---

競馬と言えば、先日会社の先輩から面白い話を聞いた。何でも、中国人の爆買いが最近は落ち着いてきていて、様々な企業がそれをビジネスチャンスと捉えていて、その中にJRAも含まれているとか。中国では馬は縁起の良いものとされているし国民性的にも馬は好きだから、中国人に馬券を買うレクチャーをして競馬を体験してもらうイベントがあるんだとか。ふむ。