水色メランコリー

thought/music/movies/boardgames/turf...

第47回高松宮記念回顧

f:id:mayonaise-tele-tm:20170327112401j:image

 昨日の第47回高松宮記念(芝1200m 中京)は5番人気だったセイウンコウセイ(4牡 上原厩舎)が鮮やかに伸びて優勝。2着に2番人気レッツゴードンキ(5牝 梅田)、3着に1番人気のレッドファルクス(6牡 尾関)が入賞した。

私の本命、3番人気のメラグラーナ(4牡 池添)は10着に終わった。パドックで見た四肢と筋肉が凄くて本命にしたんだけど、でも、よく考えればセイウンコウセイには買い要素が沢山あった。

 

(以下、[]内は過去3年の実績)

①中京芝1200mは2枠が[12.10.6.94]と勝率はトップだが、セイウンコウセイのいた3枠が[9.16.7.91]と複勝率が一番高い。

②中京芝1200mの幸騎手の勝率は4位で[2.2.2.27]。3着レッドファルクス騎乗のデムーロは2位で[3.1.0.11]。

アドマイヤムーン産駒の勝率は4位、[3.4.3.31]

④前走1200mを使っている馬が好走する傾向にあり、ダントツの[50.42.42.554]。

⑤逃げ馬が勝率トップで、[12.5.8.42]

 

とまあここまで見ただけでもセイウンコウセイは殆んど当てはまり、また当馬も芝1200mの実績が[2.1.0.0]と連対を外したことがない。更に極め付けは当日の馬場。雨がパラパラと降っていて発表は稍重。重馬場での良績のあるセイウンコウセイにとってはまたとない絶好の機会だったという訳だ。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20170327114726j:image

セイウンコウセイにも感動したが、私が一番心を揺さぶられたのはレッツゴードンキ鞍上の岩田が直線で見せたイン突き。彼の全盛期を私は知らないが、それでもその頃の彼が見えるような素晴らしい騎乗だったと思う。岩田騎手はこれから牝馬ファンディーナで皐月賞に(!)向かう。是非歴史を塗り替えてほしいものである。

 

そして私は、運や神頼みだけではなくデータに頼って馬券を買おう…。

「人生は舞台のようなものだ」

年が明けてから観た映画は、

ムーンライズ・キングダム

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185808j:image

「ピエロがお前を嘲笑う」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185821j:image

「パーフェクト・ルーム」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185832j:image

「コップ・カー」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185843j:image

「イット・フォローズ」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185851j:image

「砂上の法廷」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185912j:image

「フランク」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185942j:image

ラブ・アゲイン

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204190006j:image

「エイリアン」

 f:id:mayonaise-tele-tm:20170204190422j:image

 

本当はグザヴィエ・ドランの「マイ・マザー」も借りてたんだけど途中で夢の世界に旅立ってしまい…。

これは今度観よう。

f:id:mayonaise-tele-tm:20170203183117j:image

---

本当は映画を沢山観たいんだけど、日々の疲れで平日には観れないなあ…。

どうしても眠ってしまう。

「1年間に365本映画を観ます」と何処かの芸能人が言ってるのと同じくらい観たい。

---

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204190738j:image

先日もゴルフ。

out72-in58の130でした。、

打ちっ放しでできていたことを、ラウンドになるとすぐ忘れてしまう。

悔しいな、きついなと思ってもまた行きたくなるのがゴルフ。

次こそ良いスコアで!

 

春よ来い

厳しい寒さが日本列島を襲う中、私の財布も例外ではない。

26年に1度の大寒波が押し寄せているのである。

 

ここで勘違いしないで頂きたいのは、人生お金がすべてだとは決して思っていないという事だ。「何を綺麗事を。この世は金がすべてだ」という意見も否定するつもりはない。価値観も恋愛観も好きなサバ缶も人それぞれ違うのだ。ただ全くないと困るものでもある。電気代や水道代、競馬やボードゲーム収集、好きなバンドのCDの購入等、必要最低限の生活にはお金が必要だからだ。

 

「金は天下の回り物」と言うが、使えど使えど一向に回ってくる気配がないのは気のせいだろうか。「パンが無ければお菓子を食べれば良いじゃない」とマリー・アントワネットは言ったが、その言いつけ通り私はお菓子をよく食べるが腹には溜まらず、食費は増える一方だし体重も増加の一途を辿っている。「鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス」と言うが鳴かせるホトトギスはいないし、良い国として作られた鎌倉幕府も既に700年ほど前に終了している。

 

私の財布に暖かな春は来るのだろうか。

今年は穏やかに暮らせるといいなあ。

フェアリーS/シンザン記念

f:id:mayonaise-tele-tm:20170108192010j:image

フェアリーS(GⅢ、中山芝1600m)は10番人気ライジングリーズンが外から差し切ってV。鞍上丸田恭介は重賞6勝目。函館SSソルヴェイグに続くVでした。◎アエロリットは敢え無く2着…。3着にはノーマークだった7番人気モリトシラユリ。中山に良績のある◯アマノガワを2番手評価にしていたけど4着。横典が普通に乗ってくれて良かった。アエロリット以外は無印にしていたから、これは仕方ない負けでした。

---

f:id:mayonaise-tele-tm:20170108192119j:image

シンザン記念は8番人気△キョウヘイが凄まじい末脚で馬群を捌いて優勝!前走千両賞でアルアインに0.2秒差の2着で色気はあったが、まさか優勝とは…。馬格は小さいけれど良い脚を持っている。高倉くんは熊本出身、これで重賞4勝目。内を突いた直線は格好良かった!これからが楽しみだ。

◯トラストとのワイドで勝負していたけどトラストは4着。柴田よ、もう少し頑張ってくれたら…!惜しかっただけにもの凄く悔しい。

ペルシアンナイトは3着、2着には川田落馬により武豊に乗り替わりとなった△タイセイスターリー。身体も大きく、これからが期待出来そうな2頭だ。

---

来週は中京も加わり3場開催。土曜日に愛知杯(GⅢハンデ、牝馬限定、中京芝2000m)、日曜日に京成杯(GⅢ、3歳限定、中山芝2000m)、日経新春杯(GⅡハンデ、京都芝2400m)。次こそは当てる…!

個人的にワイドと馬連中心に行こうと思っています。

中山金杯/京都金杯

今日は平日だけどJRA始動日。今年を占う金杯でした。

f:id:mayonaise-tele-tm:20170106010827j:image

中山金杯(GⅢハンデ、中山、芝2000m)は◎ツクバアズマオーが人気に応えて重賞初勝利。先日のディセンバーSも勝ってるし、最近になって実力をつけてきている。ただ◯ストロングタイタンは9着、▲シャドウパーティは4着。GⅠ馬クラリティスカイが2着、シャイニープリンスが3着だった。すべて内枠!

f:id:mayonaise-tele-tm:20170106011424j:image

京都金杯(GⅢハンデ、京都、芝1600m)は◯エアスピネルがこれも人気に応えて重賞2勝目。やはり強かった!私の本命◎ミッキージョイは横典が何故か逃げずに後方ポツン…。前残りしやすい馬場のはずなんだけどなあ…どうして逆ポツンしないのだ!

2着にはブラックスピネル、3着にフィエロ。▲アストラエンブレムは3着、△マイネルハニーは4着。マイルは4歳世代は強いか?どちらにしても惜しいレースだったなあ。福永さえ来なければ…!

---

万葉S(オープン、京都、芝3000m)では◎タマモベストプレイが2番人気で勝利。これは単勝で勝負していた。少額だったけどね。まあとりあえず当たっただけ良しとするか…。

やはり基本は単勝なのかなと思う競馬初めでした。今年は回収率100%超えが目標。土日はフェアリーSシンザン記念。これからを担う3歳馬たちが走り出す!

酉年だけに、とりあえず書きました

明けましておめでとうございます。去年と何も変わらないまま2017年に。2017は素数らしい。キリが悪いだけに文章にもキレがない。よく考えると去年までもキレはない。よく考えずともキレは悪いし、そもそも何事においてもキレがない。そんな自分自身にキレそうだ。

---

とまあ年始早々くだらない事はさておき。

年末は忙しい中だったけど数少ない友人が遊びに我が家へ来てくれました。

f:id:mayonaise-tele-tm:20170104123914j:image

これはキャメルアップ6pの様子。競馬が好きになってから更に好感度を増したゲーム。短期的な予想と長期的な予想、最後まで1着が分からないハラハラ感は本当にやりごたえがあるしプレイ時間も1時間ちょっとと丁度良い。逃げ馬は少し不利というのも何だか楽しい。

f:id:mayonaise-tele-tm:20170104124332j:image

そして相変わらずQ-JETは盛り上がる。

やっぱり肝になるのは1台しか入れないマスで、この日もトップを走ってたプレイヤーの横をするりと抜け鋭角に切り込むと手番順的に動けず、あれよあれよという間に最下位に。これだけの事なのにみんな笑いが止まらず、様々な名言が生まれる。

ボードゲームの良さはここにもあると思っている。面と向かって遊ぶ事の楽しさは、ゲームの内容ももちろんそうだがその外での出来事というのもまた魅力の一つなのだ。それを改めて気付かされた1日だった。

f:id:mayonaise-tele-tm:20170104125918j:image

---

なんか馬の事ばかり書いて競馬のブログみたいになってたのでそれ以外の話題もきちんと書いてみた。

でも明日は平日にも関わらず中山金杯京都金杯から中央競馬はスタート。京都金杯ではエアスピネルが始動。心地いいスタートダッシュを決めたいものです。1年がまた始まるよ!

f:id:mayonaise-tele-tm:20170104130706j:image

有馬記念回顧

第61回有馬記念の優勝は3歳サトノダイヤモンドに決まった。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161227193519j:image

キタサンブラックにクビ差での勝利。差し切ったゴール前は格好良かったなあ。ルメールが勝利後のインタビューで感慨深げに「競馬は時に難しい」と感極まっていた姿が印象的だった。言い得て妙だと思う。55kgという斤量にも恵まれたかな?「菊花賞から直行の3歳馬は買い」というけれど、斤量面と間に使わない分余裕をもって仕上げられるという面が影響しているのではないだろうか。巷では(というか爆笑問題田中氏が)「トランプ馬券」(サトノ"ダイヤ"モンド)のみならず、母マル"ペン"サ、母父オー"ペン"の「ピコ太郎馬券」と銘打って◎に印を付けていたが、もしかするとサイン馬券だったのかもしれない。サインならヤマカツエースにもたくさんあったんだけどなあ…。

私の本命◎ヤマカツエースは4着。前3頭が抜けてたのは事実だけれど、あのメンバーで4着まで持ってきた池添に拍手を送りたい。4コーナー回った後のヤマカツエースには涙が出そうになった。お疲れさま!

キタサンブラックは惜敗の2着だけれど、サトノダイヤモンドサトノノブレスのチームプレイの前にもここまでの健闘を見せている事からも円熟ぶりが伺える。ダービーの大敗こそあれど、他は掲示板はおろか馬券圏内を外さないのだから恐ろしい。来年も衰えずに活躍しそうだなあ。

ゴールドアクターは3着だったが、来年は6歳。ピークが来てもおかしくなさそうだが…。個人的にはスクリーンヒーロー産駒の繁栄が楽しみな部分もあるので、行けるところまで頑張ってほしいな。

リーディングジョッキーは1勝の差で戸崎に。有馬記念レース後、2人がハグしあうシーンは言葉にできない何かがある。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161227194001j:image

去年の12月27日、同じ有馬記念で何もわからずにレースを見ていた私と今の私では、競馬に対する知識や認識が全く異なる。競馬はギャンブルだと言われるし実際そうなんだけれど、それを超えた面白さが競馬にはあって、今の僕はそれをしっかりと握りしめている。

---

今年は終わりましたが、来年は1月5日(木曜日!)に中山金杯からのスタート。予想と復習、その繰り返しです。来年も頑張るよ!