水色メランコリー

thought/music/movies/boardgames/turf...

ワナダイズを聴きながら

世の中的には今日はプレミアムフライデーなんだろうか
全く関係のないところで生きているので、その言葉自体(例えば「イクメン」なんかも良い例だ)が雲の上の存在で持ち出す事自体が滑稽な場所にいる

 f:id:mayonaise-tele-tm:20170721173003j:image

たまには何からも追われない時間が欲しくない?
心の底から思い切り笑ったあと穏やかに眠れるような環境が欲しい
なんて、贅沢過ぎるか。
そんな国に、そんな世界に生きてるんだ

タイヤ屋さんって意外に沢山ある

f:id:mayonaise-tele-tm:20170721172822j:image

人生で初めてタイヤを換えた
店員さんが「ワイヤーが見えてますね」というから見てみると、確かに。ネットで調べたら「いつバーストしてもおかしくない非常に危険な状態」とあって変な汗が出た
先日エアコンが効かなくなったから車屋さんに持って行ってて、そこで「タイヤ、換えたほうがいいよ」とは言われていたけど、まさかここまでとは
阿蘇にドライブに行った次の日の出来事だったけれど、前日には確かにワイヤーは見えていなかった
もし偉大なる阿蘇でバーストでもしていようものなら大惨事である

それにしても、タイヤを交換した事でアクセルは軽くなったし、コーナーリングもスムーズ、なんでもっと早く替えなかったのかと後悔したほど
タイヤ交換is最高

quit smoking

f:id:mayonaise-tele-tm:20170718194954p:image

2回目の禁煙中
1回目は「やめる事で逆にストレスになる」というよくある正当化で断念してしまった


今回、モチベーションの維持になっているのは喜ぶべきか否か、やはり競馬だった
吸いたいと思った時にただ歯を食いしばって我慢をするのではストレスフルなだけだが、「1箱我慢すれば馬券が400円分買える、1週間で3000円」と思ったら、不思議と欲求がおさまる
むしろ、こんなに簡単に禁煙できるなら競馬の中毒性の方が煙草より危険かもしれない、とか思ったり

今週は中京記念

2017.07.17

f:id:mayonaise-tele-tm:20170718114155j:image

「ル・アーブルの靴磨き」を観た

カメラは止まっているのに役者たちが静止画っぽく止まっているのが良い

----

自然と始まる競走馬名しりとり

毎回ぶち当たる壁が、世の中には「ル」で終わる競走馬が多く、「ル」から始まる競走馬が少ない事

僕が馬主になったら「ル」から始まる馬名をつけよう

第47回高松宮記念回顧

f:id:mayonaise-tele-tm:20170327112401j:image

 昨日の第47回高松宮記念(芝1200m 中京)は5番人気だったセイウンコウセイ(4牡 上原厩舎)が鮮やかに伸びて優勝。2着に2番人気レッツゴードンキ(5牝 梅田)、3着に1番人気のレッドファルクス(6牡 尾関)が入賞した。

私の本命、3番人気のメラグラーナ(4牡 池添)は10着に終わった。パドックで見た四肢と筋肉が凄くて本命にしたんだけど、でも、よく考えればセイウンコウセイには買い要素が沢山あった。

 

(以下、[]内は過去3年の実績)

①中京芝1200mは2枠が[12.10.6.94]と勝率はトップだが、セイウンコウセイのいた3枠が[9.16.7.91]と複勝率が一番高い。

②中京芝1200mの幸騎手の勝率は4位で[2.2.2.27]。3着レッドファルクス騎乗のデムーロは2位で[3.1.0.11]。

アドマイヤムーン産駒の勝率は4位、[3.4.3.31]

④前走1200mを使っている馬が好走する傾向にあり、ダントツの[50.42.42.554]。

⑤逃げ馬が勝率トップで、[12.5.8.42]

 

とまあここまで見ただけでもセイウンコウセイは殆んど当てはまり、また当馬も芝1200mの実績が[2.1.0.0]と連対を外したことがない。更に極め付けは当日の馬場。雨がパラパラと降っていて発表は稍重。重馬場での良績のあるセイウンコウセイにとってはまたとない絶好の機会だったという訳だ。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20170327114726j:image

セイウンコウセイにも感動したが、私が一番心を揺さぶられたのはレッツゴードンキ鞍上の岩田が直線で見せたイン突き。彼の全盛期を私は知らないが、それでもその頃の彼が見えるような素晴らしい騎乗だったと思う。岩田騎手はこれから牝馬ファンディーナで皐月賞に(!)向かう。是非歴史を塗り替えてほしいものである。

 

そして私は、運や神頼みだけではなくデータに頼って馬券を買おう…。

「人生は舞台のようなものだ」

年が明けてから観た映画は、

ムーンライズ・キングダム

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185808j:image

「ピエロがお前を嘲笑う」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185821j:image

「パーフェクト・ルーム」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185832j:image

「コップ・カー」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185843j:image

「イット・フォローズ」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185851j:image

「砂上の法廷」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185912j:image

「フランク」

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204185942j:image

ラブ・アゲイン

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204190006j:image

「エイリアン」

 f:id:mayonaise-tele-tm:20170204190422j:image

 

本当はグザヴィエ・ドランの「マイ・マザー」も借りてたんだけど途中で夢の世界に旅立ってしまい…。

これは今度観よう。

f:id:mayonaise-tele-tm:20170203183117j:image

---

本当は映画を沢山観たいんだけど、日々の疲れで平日には観れないなあ…。

どうしても眠ってしまう。

「1年間に365本映画を観ます」と何処かの芸能人が言ってるのと同じくらい観たい。

---

f:id:mayonaise-tele-tm:20170204190738j:image

先日もゴルフ。

out72-in58の130でした。、

打ちっ放しでできていたことを、ラウンドになるとすぐ忘れてしまう。

悔しいな、きついなと思ってもまた行きたくなるのがゴルフ。

次こそ良いスコアで!

 

春よ来い

厳しい寒さが日本列島を襲う中、私の財布も例外ではない。

26年に1度の大寒波が押し寄せているのである。

 

ここで勘違いしないで頂きたいのは、人生お金がすべてだとは決して思っていないという事だ。「何を綺麗事を。この世は金がすべてだ」という意見も否定するつもりはない。価値観も恋愛観も好きなサバ缶も人それぞれ違うのだ。ただ全くないと困るものでもある。電気代や水道代、競馬やボードゲーム収集、好きなバンドのCDの購入等、必要最低限の生活にはお金が必要だからだ。

 

「金は天下の回り物」と言うが、使えど使えど一向に回ってくる気配がないのは気のせいだろうか。「パンが無ければお菓子を食べれば良いじゃない」とマリー・アントワネットは言ったが、その言いつけ通り私はお菓子をよく食べるが腹には溜まらず、食費は増える一方だし体重も増加の一途を辿っている。「鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス」と言うが鳴かせるホトトギスはいないし、良い国として作られた鎌倉幕府も既に700年ほど前に終了している。

 

私の財布に暖かな春は来るのだろうか。

今年は穏やかに暮らせるといいなあ。