水色メランコリー

thought/music/movies/boardgames/turf...

菊花賞展望

10/23(日)は3歳牡馬の3大タイトルのラストを飾るGⅠである菊花賞(京都、芝3000m)。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161018210950j:image

有力馬は皐月賞馬のディーマジェスティ、ダービー2着のサトノダイヤモンド。この2強と言われている。けれど、2頭とも3000m以上のGⅠではタイトルを手にした事のないディープインパクト産駒(ディープインパクト自体は菊花賞も勝利)なんだよなー。つまりしばしば言われるのが「ディープ産駒は長距離は向かない」、若しくは「ディープ産駒はマイラーまで」。やはり血は争えないのか、ここが競馬の面白いところでもあるのだけれど、悲しいかな血統という一見差別的な要素が競馬予想を華々しく彩るのである。ただし、今回のディーマジェスティに関しては、競馬ファンの中では「ディープインパクトよりも母父ブライアンズタイムに似ている」という意見もある。サトノダイヤモンドステイヤー体型と言われているし、どちらもこれまでのディープ産駒とは格が違う。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161018211004j:image

しかしマイナス要素もある。ディーマジェスティ菊花賞が初輸送になる。初めてとなる関西の競馬場がどう出るか。また迷信めいた意見ではあるが、「サトノ」と冠の付く馬はGⅠタイトルを獲れたことがない。巷では里見オーナーへのパチンコ好きたちからの怨念だとも言われていて…。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161019071819j:image

面白そうのはその2強に割って入る存在だ。個人的にはエアスピネル、カフジプリンス、ミッキーロケット、レッドエルディスト。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161019071548j:image

 エアスピネルは朝日杯FS2着、皐月賞4着、ダービー4着という惜敗ぶり。ステップレースである神戸新聞杯は得意の先行ではなく後ろからの競馬で5着と掲示板内ではあるが、同レース内では武豊騎手が「京都へ向けたレースをした」との事でこれがどう出るか。どれも掲示板内で競馬する堅実派の馬がここを目標に調整するか。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161019071610j:image

カフジプリンスは格上挑戦にはなるが、1000万下の阿寒湖特別(札幌、芝2600m)を優勝するなど中〜長距離で実績を残している馬。丹頂S(札幌、芝2600m)では6着と惜しくも敗れたが、神戸新聞杯では4着と健闘している上がり馬がどこまで伸びてくるか。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161019071621j:image

ミッキーロケットは皐月賞13着を除き、すべてのレースで掲示板内。特に先日の神戸新聞杯では直線の最後の最後までサトノダイヤモンドを脅かす存在になり僅差の2着。トライアルレースとはいえ肉薄した戦いを演じた。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161019071633j:image

レッドエルディストは神戸新聞杯3着。 ダービーでは9着だが青葉賞2着を始めとして長距離での安定感は抜群。

他にもアグネスフォルテ、シュペルミエールなどダークホース的存在も。

この激戦の結果は日曜日に明らかになる!