水色メランコリー

thought/music/movies/boardgames/turf...

有馬記念展開予想

12月25日(日)、クリスマスの日は中山競馬場にて第61回有馬記念がある。ファン投票で出走馬が決まる下半期のオールスター戦である。これ程ワクワクする事があるだろうか!競馬ファンの想いを乗せた16頭がドリームレースに参加する。枠順が決定したので、具体的に予想ができるようになった。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161222015437p:image

特筆すべきは、キタサンブラックの枠順。またしても1枠1番。もう何かしらの陰謀というか癒着を連想せざるを得ない。天皇賞(春)も1枠1番、宝塚記念こそ2枠3番だったものの、京都大賞典ジャパンC有馬記念と1枠1番が続いている。こんな事ってある?北島三郎JRAの間で「お主もワルよのう」的何かが起こっているのでは…と勘ぐってしまうのも無理はない。

まあ、予想がしやすくなる、またレースに盛り上がりが生まれるという点もあるので、一概に悪いことばかりではない。JRAとしては馬券をたくさん購入してほしい訳だし、これはこれでwin-winの関係のような気もする。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161222122849j:image

有馬記念中山競馬場芝2500mにて争われる。これはコーナーを6回も回ることになる。加えて中山は直線が長くない。つまり内枠の先行馬が非常に有利とも言える。また左記の通り中山競馬場はトリッキーなコースでもある為、中山競馬場で勝利を挙げている実績というのも見逃せない点である。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161222122858p:image

ファン投票で1番人気に支持されたのはキタサンブラックだ。逃げ/先行でしぶとい足を持っていて、ダービーこそ14着と大敗したもののその他は馬券圏内から外れた事がないという超優秀な成績を誇る。中山は[2.0.2.0]という巧者ぶり。ジャパンC目標の仕上げだったとはいえ、印を回さない予想はできない。

キタサンブラックの逃げに競りかければ自滅していくのが見えているが故になかなか逃げて勝負に出る馬がいない。後方一気で捲ろうとしても、スローペースに持ち込まれる為なかなか届かない。これがキタサンブラックの強みである。

しかし、今回はオープン戦からの上がり馬であるマルターズアポジーがいる。年齢は4歳でキタサンブラックと同じだが、デビューから17戦すべて逃げているという極端な馬だ。現在予想オッズは12番人気とかなり穴馬券である。鞍上は武士沢。3連勝している運気を味方につけている気がする。なんだか不気味である。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161222122913j:image

また、ファン投票で2番目に支持されたのは3歳のサトノダイヤモンド。里見オーナーの所謂「サトノの呪い(サトノと冠のつく馬はGⅠを勝つ事ができない)」を今年の菊花賞で破ったエリートホースである。3歳は一時期最強世代だと言われていたが、皐月賞馬のディーマジェスティジャパンカップで13着、ダービー馬のマカヒキ凱旋門賞で14着と古馬との対決になると結果が思わしくない。スプリンターズS3着のソルヴェイグとチャレンジCで逃げ切ったマイネルハニーくらいのもので、サトノダイヤモンドが何処まで通用するかという読みが今回の予想の肝でもある。

鞍上ルメールの感触は非常に良いようで、加えて3歳故に斤量も他より2kg軽い55kg。頭を悩ます1頭である事には変わりない。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161222122943j:image

そして忘れてはいけない昨年の覇者ゴールドアクター。[4.1.0.1]と圧倒的な中山巧者だ。加えて2500mは[3.0.0.0]、2200mは[1.0.0.0]と非根幹距離に良績がある。先日のジャパンCが4着で巷ではピークを過ぎた頃だと囁かれてもいるが、ここを目標にと考えれば申し分無い結果だし、今回は1枠2番を引いた事でキタサンブラックを睨みながら好位の競馬ができるのもプラス要素。まだまだ戦えるはずである。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161222122957j:image

また宝塚記念エリザベス女王杯などこちらも非根幹距離に定評のある牝馬マリアライトは大外8枠16番を引いた。こちらも牝馬のため55kgでの出走。鞍上蛯名はここ最近重賞に縁がないが、人気薄を持ってくる事に関しては長けている。今年のGⅠ勝ち鞍は皐月賞宝塚記念皐月賞ではディーマジェスティで外枠ピンクの帽子、宝塚記念もピンクの帽子。中山競馬場は外枠不利と言われているが、特にマリアライトは外枠が絶好枠。忘れた頃に才女がやって来るか。ただ、マリアライトはこの有馬記念がラストラン。牝馬の引退レースはあまり結果が伴わないというが果たしてどう転ぶのだろうか。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161222123047j:image

あとはシュヴァルグランサウンズオブアースミッキークイーンアドマイヤデウスあたりが怖い。

シュヴァルグランは3歳クラシックこそ経験がないものの、日経新春杯2着や阪神大賞典優勝、天皇賞(春)3着と長距離で好走を見せている。ここ最近でもアルゼンチン共和国優勝、ジャパンC3着など成長が現れているが、中山競馬場は初めての出走となる。負傷明けの福永がどこまで乗れるかも見所である。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161222140414j:image

サウンズオブアースは通称「シルバーコレクター」の異名を持つ。その理由は、GⅠにも度々出走して好走はするが優勝には届かないケースばかりで、主な勝ち鞍がはなみずき賞というところにある。昨年の有馬記念日経賞ジャパンCで安定の2着。相変わらずビッグレースに強いデムーロが鞍上で、今年の有馬こそ悲願なるか。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161222140935j:image

ミッキークイーンは昨年のジャパンCこそ8着に敗れたものの、その他11戦ですべて馬券に絡む才能を見せている。オークス秋華賞勝ちのGⅠホースだ。ただ牝馬限定戦でしか良績がないのが難あり。ジャパンCがそれを物語っている。鞍上浜中は先日マイルチャンピオンシップで過度の斜行で8日間の騎乗停止処分を受けてから明けの有馬記念。多少の差し引きは必要かもしれない。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161223000954j:image

アドマイヤデウス日経賞日経新春杯の勝ち馬。2200m非根幹距離の京都記念で3着と好走しているほか、阪神大賞典で3着や先日の京都大賞典ではキタサンブラックにクビ差の2着に迫っている。ただし内枠が好走しやすい馬でもあり、今回の5枠10番が果たしてどうでるか。鞍上岩田も過渡期のような走りはここ数年見せておらず、復活が期待されている。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161223001002j:image

 

さて、ここまで有力馬を話しておきながら、私が◎を打つのは2枠4番のヤマカツエースである。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161224103455j:image

理由にもならない理由がたくさんある。

⒈冬に好走する

 若い頃の成績はともかくとして、ヤマカツエースは昨年の福島記念、また今年の始めの中山金杯、そして先日の金鯱賞と冬に好走するケースが多い。

⒉中山巧者

[2.0.0.0]という中山巧者。特に今年一番最初の重賞である中山金杯にて優勝している。

⒊母父グラスワンダー

グラスワンダー有馬記念連覇馬。

今年の漢字「金」

キングカメハメハ産駒、中山金杯勝ち、金鯱賞勝ち。因みに今年はトランプ大統領が大きな話題となったのでヤマカツ「エース」というのは出来過ぎか。

⒌GⅠジョッキー池添

過去、オルフェーブルやドリームジャーニーといった名馬たちで有馬記念を制した池添。ヤマカツエースがここに並ぶか疑問符は着くが、その鞍上が池添であればあまり心配は要らない。

有馬記念は「好きな馬を買うレース」 

競馬を右も左も分からなかった昨年の有馬記念から始めた身としては、やはり今年は中山金杯でお世話になったヤマカツエースで始まりヤマカツエースに終わりたい、という意志がどうしても強いので1着軸にします。確かに距離的な不安や格の違いは否めないけれど、中山2500mはトリッキーで何が来るか分からない。だからこそ「好きな馬から買うレース」というのはあながち間違いではなく、2枠4番という絶好枠を引いたヤマカツエースに◎だ。

 

[逃げ]マルターズアポジーキタサンブラック、(サムソンズプライド)

[先行]ゴールドアクターサトノノブレス

[差し]ムスカテールヤマカツエースサウンズオブアースミッキークイーンヒットザターゲットアドマイヤデウスサトノダイヤモンドシュヴァルグランアルバートマリアライト

[追込]デニムアンドルビー、(サムソンズプライド)

 

という形で、差し馬が多い印象。ペース次第ではがらりと変わって来る可能性がある。ただ、中山2500mは第4コーナーでは好位につけていたいコースなので、その辺が鍵となりそうだ。個人的には奇才・横山典弘鞍上のサムソンズプライドが大逃げ/後方一気でレースを乱してくれないかと期待しているのだが…。

あくまで中山/非根幹距離巧者のゴールドアクターに◯、馬券圏内を外さないキタサンブラックに▲を打つ。

△にはサウンズオブアース、マルターズアポジーシュヴァルグランマリアライト

☆に大逃げを期待してサムソンズプライドとしたい。

 

ヤマカツエース

ゴールドアクター

キタサンブラック

サウンズオブアース、マルターズアポジーシュヴァルグランマリアライト

☆サムソンズプライド

f:id:mayonaise-tele-tm:20161222015026j:image

 

薄っぺらなお財布

先日の重賞の振り返り。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161220202718j:image

土曜日は牝馬限定重賞のターコイズS(重賞、中山、芝1600m)。ルメール騎乗のマジックタイムが1番人気だったけれど、私は◯カフェブリリアントと◎エンジェルフェイス単勝で勝負。ただカフェブリリアントは届かず3着、エンジェルフェイスは掲示板外に沈み、ハンデ戦ではあったけど結局マジックタイムが優勝。

カフェブリリアント阪神牝馬S(阪神1400m)、エンジェルフェイスフラワーC(中山1800m)が主な勝ち鞍だけど、やはり根幹距離は合わないのかもしれない。対するマジックタイムはダービーCT等マイルの実績も豊富だから…。

因みに、私の予想の基準は距離適性とコース適性である。それは宝塚記念マリアライトで確信に変わった(宝塚記念エリザベス女王杯も2200m、2500mにも良績あり)のだが、今年全く結果が出ていないので信憑性は薄い。

ただ、予想の軸をぶれずに持つことは大切な事だと思う。ある時はこの予想で…とすると当たるものも当たらない。予想を変えれば当たるはずだったものも外す危険性がある。

 

f:id:mayonaise-tele-tm:20161220202725j:image

日曜日は朝日杯FS(GⅠ、阪神、芝1600m)。2歳のマイルチャンピオンを決めるレース。お財布の事情もあって単勝しか買えなかったけど、松山弘平くんが好きなので◎ボンセルヴィーソで勝負。他にも小倉2歳Sでレーヌミノルに迫った▲ダイイチターミナル、松若くんの初GⅠVが掛かっていた◯アメリカズカップも。その前の週の阪神JFで華々しく勝利したソウルスターリングの影響もあってフランケル産駒の△ミスエルテが圧倒的1番人気だったけど、気性の荒さ等問題視される部分があったので切る。

結果はディープインパクト産駒のサトノアレスがV。四位騎手は久々のGⅠ勝利!調子が良いのはフランケル産駒ではなく藤沢厩舎だったというオチ。私の◎ボンセルヴィーソは惜しくも3着…。でも阪神の馬場で逃げての3着だから、今後の活躍に期待!

それにしても、サトノの冠がつく馬のジンクスを今年だけで3回も破る(しかもここ2ヶ月で)なんて、何が起こるかわかんないよなあ。

 

f:id:mayonaise-tele-tm:20161220202729j:image

さてさて、来たる12月25日、世間はクリスマスでも私にとっては今年を締めくくる有馬記念。どうか神様、クリスマスプレゼントを!

惜しい当たりはツキを失うぞ

先日の重賞の振り返り。なんか気付けば競馬のブログみたいになってるな。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161213210036j:image

土曜日はチャレンジカップ(GⅢハンデ、阪神、芝1800m)。これがまた画竜点睛を欠く買い方で…。ハンデ戦JRAがゴール前で横並びになるようにと見込んだ斤量を背負うという体なので荒れるのは必至。

◎はタッチングスピーチ。前走はエリザベス女王杯でムーアが乗ったが、「ムーアが乗ったディープ産駒は次走で好走する」という謎のジンクスを知り合いの方から聞き信じて◎。松山くんは地味に持ってくる騎手だと思ってるし。

他にも個人的に気になった柴田大知鞍上の3歳▲マイネルハニーとフランスから短期免許を取得したシュミノーが乗る4歳◯ベルーフ、52kgとかなり軽い斤量を背負った△ケイティープライドや外枠川田の△フェイマスエンド、毎日王冠で3着と好走した△ヒストリカルの6頭ボックスでいこうと思ったが、小遣い制のため◎タッチングスピーチの1頭軸で流したところ…◯▲△で決まってしまうという最悪の展開に。9>5>11番人気という高配当を取り逃がすのであった…。

3歳は最強世代と言われながら古馬とのレースでは結果が出てなかった(JCのディーマジェスティ凱旋門賞マカヒキなど…)が、逃げ切り勝利のマイネルハニー、ハンデ戦とはいえやるじゃん。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161213210050j:image

日曜日のカペラステークス(GⅢ、中山、ダート1200m)は傍観することに。◎ニシケンモノノフに◯ノボバカラであったが、これは◯◎で来るというね…。裏目裏目にでるよなあ。タッチングスピーチ騎乗してた松山がここでは3着、うーんとは思うがコーリンベリーは1番人気だったのね。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161213210247j:image

メインは2歳牝馬の頂点を決める阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ、阪神、芝1600m)。本命は◎ヴゼットジョリー。先日のチャンピオンズカップアスカノロマンでの騎乗が光った和田が鞍上で、調教も良かったので◎を打った。怪物フランケル産駒の▲ソウルスターリングは確かにポテンシャルを秘めているとは思ったが、輸送も初で多頭数も初、2枠2番で包まれるかと思い▲に。2番手評価は新馬戦と小倉2歳Sでお世話になった◯レーヌミノルに。ただ浜中が騎乗停止中の為、鞍上が蛯名だったんだよなあ…。

結果は1>2>3番人気でソウルスターリング>リスグラシュー>レーヌミノルでかなり堅い決着だった。リスグラシューは戸崎で差し引いてたけど、ゲート出遅れもかなり巻き返した。力はまだ持っている馬かもしれない。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161213210100j:image

次は朝日杯フューチュリティステークスフランケル産駒のミスエルテが登場する!

すってんてん

先日の重賞の振り返り。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161206001625j:image

金鯱賞(GⅡ、中京、芝2000m)は過去の思い入れから4番人気ヤマカツエース単勝を買おうと思ったけれど…ヤマカツ一族と池添に裏切られてばかりだったから今回は2番人気◎サトノノブレスにしてみたが、そういう時にヤマカツエースが来てしまうんですよね。金鯱賞はのちにGⅠを獲る馬が来ることが多いと聞いたので、宝塚記念の走りを見るとどうしても役不足感はあった気がするのだけれど…競馬のマジックに踊らされた。おめでとうヤマカツ。ごめん池添。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161206001636j:image

ステイヤーズステークス(GⅡ、中山、芝3600m)。は1枠1番8番人気の◎サムソンズプライドの単勝とそこから◯アルバートへの馬単で流す。オールカマーから狙っていた馬だからという理由でサムソンズプライドに託したわけだが、結果的には◯アルバートが連覇のV。アルバート>ファタモルガーナ>モンドインテロで1>3>2番人気という非常に馬券的妙味の薄い結果に。ここは外しても仕方ないとしても、次の日のチャンピオンズカップが痛かった。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161206001639j:image

チャンピオンズカップ(GⅠ、中京、ダート1800m)は◯アウォーディーがダート転向後6連勝の快進撃を見せていたところだけれど、2枠2番という条件もあり包まれる危険性を孕んでいると判断して2番手評価。3番手に▲アスカノロマン、△でコパノリッキーやアポロケンタッキー、モーニンとしたが、◎を打つのを3歳馬ゴールドドリームとサウンドトゥルーで最後の最後まで悩んだ挙句、最終的に◎ゴールドドリームにしたのが私の運が尽きた瞬間であった。

結果はサウンドトゥルー>アウォーディー>アスカノロマン。6>1>10番人気という高配当を取り逃がすという大失態を演じてしまったのである…。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161206001648j:image

今週末は阪神ジュベナイルフィリーズ。2歳牝馬の女王を決めるGⅠだ。今度こそは夢を!

 

 

12月2日の雑記

f:id:mayonaise-tele-tm:20161202014145j:image

日曜日のGⅠチャンピオンズカップに出走予定のタガノトネール予後不良になった。

骨折したら安楽死、というのは競馬歴の浅い私からすると非常にショッキングに映る。とある方から聞いた話では、競馬の馬というのは人工的に生まれたサラブレッドであるから、骨折をすると常に動き続けていないと血の巡りが悪くなり壊死し、苦しんで死んでしまうから安楽死の方が良いというのだ。だがそれでも悲しい事には変わりがない。武蔵野Sでレコード勝ちをしたばかりの馬が、昨日まで元気だったのにもうこの世にいない。その事実は私の心からなかなか離れていかない。

今週は金鯱賞ステイヤーズSも控えている。これまで三連単馬連ばかりを購入していたが、妻と暮らし始めてお小遣い制になった(というよりも自らお小遣い制を志願した)身としては単勝でしっかりと当てていきたい。軸さえ合えば取れるのだ。18頭立てなら1/18だ。細々と頑張ろう。走るはずだったタガノトネールの事を想いながら。

---

f:id:mayonaise-tele-tm:20161202014153j:image

最近になって再びoasisが気持ち良い。

「heathen chemistry」以降は持っていないのだが、青々としている1st「definitely maybe」や永遠の名盤「(what's the story)morning glory?」、メロウな「be here now」、ロックな「standing on the shoulder of giants」と非の打ち所がない。掻き鳴らすギターロックとリアムの独特の歌声、大合唱的な秀逸なメロディライン、とここまで揃えば少年のハートを鷲掴みにするのは容易い。因みに妻はブリットポップブームで熾烈な争いを繰り広げた相手であるblur派である。イギリスって素晴らしい。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161202014207j:image

---

永い言い訳」が公開中である。とても観たい。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161202014214j:image

 

寒さは感謝へと

f:id:mayonaise-tele-tm:20161129195120j:image

ここ最近の熊本は、身体の芯が冷えるような寒さだった。

東京でも史上初観測という積雪だったらしく、お昼のワイドショーで大々的に取り上げられていた。今年の冬は厳しい寒さになるのかもしれない。きっとその影響だろうが、私のお財布事情も相当に厳しい寒さを迎えている。

そんな中あたたかいニュースがあって、入籍後1ヶ月半、住まいを移し妻と一緒に住む事になった。震災の影響等あって遅くなってしまったけれど、新たな環境下での生活が始まる。今までの体たらくや怠惰を直さないとこのままでは迷惑をかけてばかりなので、愛想を尽かされないようしっかりしないとなあ。

---

f:id:mayonaise-tele-tm:20161129195910j:image

以前書いたように、1月を迎えると現在使用しているiphoneが2年を迎える。画面も亀裂が凄いし早いとこ替えたいものである。

私は学生の頃からソフトバンクの携帯電話を使用している。他キャリアに移るような浮気性は持ち合わせていないくらい紳士だからだ。だが最近「のりかえ特典!」のような触れ込みが目立つ事に疑問を感じざるを得ない。

どうして携帯キャリアは移った方がお得なのだろうか?

別に見返りを求めている訳ではないが、そういう制度が溢れている昨今で「ソフトバンクが良いので、のりかえ特典等を蹴って継続でソフトバンクのままでいきます」という意見を表明する顧客に対してはそれなりの対価があっても良さそうなものである。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161129195943j:image

新聞の勧誘にしてもそうだ。僕は新聞を取りたいと言って契約をした訳だが、話を聞くと契約を渋る顧客に対しては幾つかのサービスがあったというではないか。客観的に考えると何だか納得のいかない話である。ただもし新聞勧誘員の人が目の前に現れても器が異様に小さいのできっと文句の一つも言えない。

 

やりたくないと思うものには対価が発生するのかもしれない(例えば仕事、など)。自分から進んで物事を行うのはボランティアに近いのだ。こんな男と一緒にいても何の対価もないのにいつも支えてくれる妻への感謝の気持ちは忘れてはいけない。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161129200016j:image

---

ボードゲームがゆっくりできる大きなダイニングテーブルが欲しい。

 

ホラー映画について考える

f:id:mayonaise-tele-tm:20161116161341j:image

私はホラー映画と呼ばれるジャンルの作品が好きだ。どのくらい好きかというと、「どんな映画が好きなの?」と訊かれたときに、開口一番ホラーって言うと何だか危ない人に見られるというリスクを回避したくて「う〜ん、あまり選り好みしないけど、強いて言うならサスペンスっていうか、ホラーみたいなそんな感じの雰囲気の…」と、もごもごと何を言ってるかはっきり聞こえず怪訝な顔をされるくらいホラーが好きである。

 

それは良いとして、そもそも人は何故怖いものを見たり聞いたりするのが好きなのだろうか?怖いもの見たさという言葉もあるくらいで、大抵の人は「怖い話があるんだけど…聞きたい?」と言われれば、よほど怖いものが苦手か、あるいはトイレを我慢していて限界に近い人以外は耳を傾けるはずだ。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161123043555j:image 

笑ってはいけない状況だと余計に笑ってしまいそうになる事はないだろうか?ダウンタウンの毎年年末恒例の某番組ではこれを利用している。開いてはダメだと言われると余計に開きたくなるパンドラの箱や鶴の恩返しにしても同じことが言える。アダムとイヴが食べたリンゴだってそうだ。この「してはいけない」と言われれば言われるほどしたくなる反応のことを"カリギュラ効果"というそうだ。ここに一つヒントがありそうである。

http://www.doctor-sumai.com/colum/002c2-081.html

f:id:mayonaise-tele-tm:20161116133620j:image

因みに、勉強しなさいと言われるとしたくなくなるし(実は常にしたくない)、掃除しなさいと言われるとしたくなくなる(実は常にしたくない)。これは"ブーメラン効果"と言うらしい。それを逆手に取ったのがカリギュラ効果とも言える。

http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/032.html

f:id:mayonaise-tele-tm:20161116133809p:image

 

要するに、「観ると怖い」や「観ると死ぬ」、「観ると人生において非常に大事な瞬間に放屁してしまう」などの触れ文句が「観たい」という欲求を助長するのだ。好奇心もその一つと言えるだろう。恐怖とは自分が知らないものへのある感覚であれば、知りたいと思う気持ちが働くのも当然ではないだろうか。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161123042250j:image

また、私が考えるに、ことホラー映画に関して言えば、人はホラー映画を観る上で無意識的に感じている「非日常との接触」、それも"自分の身は安全と分かった上での非日常との接触"を求めてホラー映画を観るのではないかと考える。極端に言えば動物園でライオンを眺めるようなものである。画面の中の世界がリアルになってしまったとするなら、余程狂った状況が好きな人以外は楽しめないはずだ。お化け屋敷だって作り物だと分かっているから入れる訳で(筆者は怖いもの好きのくせに入らない…いや入れない)、それがリアルに生き霊やら地縛霊やら沢山いますよ、と謳った屋敷に入りたがるのは奇特な体験をした事がない若者か稲川淳二か、若しくは稲川淳二に似た人くらいのものである。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161123042701j:image

人はスクリーンという1枚の壁を挟むことで、その向こうに映される世界を"虚構"と捉える。スクリーンが観客を守る塀になり、画面の中の出来事は作り物であると認識するのである。

因みに、これを逆に利用しているのがウディ・アレンの名作「アニー・ホール」である。この作品ではスクリーン上の虚構であるはずのアレンが観客に問いかけたり言葉をかけたりする。これを"第4の壁を壊す"と言う(同じような手法にミヒャエル・ハネケの「ファニー・ゲーム」)。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161123042757j:image

また、そのスクリーンという"壁"を最大限取っ払おうとする動きもある。よりリアルな体験をする事で観客を引き込む手法だ。

画面を通して擬似的体験が味わえる映画(ex.「トゥモローワールド」)もある。POV(point of view、主観の事)形式の映画(ex.「REC」)や、3Dゴーグルを用いて立体的に"非日常との接触"に触れられる映画(ex.「ゼロ・グラヴィティ」)もある。最終的にはVR(ヴァーチャル・リアリティ)なんてものも最近登場し、その進化を挙げれば枚挙に暇がない。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161123042936j:image

ホラー映画とVRとの化学反応は確かに面白いと思う。ただ、VRに関してはスクリーンという垣根を取っ払ってしまう事への畏怖、踏み込んではいけない領域に辿り着いてしまった感もなくはない。勿論メリット(例えば生まれつき障害を持っていて歩けない人がVRを用いて歩く事を体感するなど)もあるが、普通の人であれば現実と虚構の境目が分からなくなってしまえば人間の根本のところで何か異常をきたしてしまうのではないかと不安で、夜も7時間しか眠れない。

 

話が逸れつつあるが、上記の点の他にも私がホラー映画を好きな理由がある。

例えばジョージ・A・ロメロ監督の「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」という金字塔的作品がある。この映画は所謂"ゾンビ"というジャンルを確立させた映画として余りにも有名であるけれど、ただそれだけではなく、当時まだ戦時中であったベトナム戦争を痛烈に批判する社会風刺を併せ持つ。「ゾンビ (原題: Dawn of the Dead)」では、主人公たちは楽園を求めて大型ショッピングセンターに籠城しようとする。しかし段々と飽きてしまう。マーケット化されてしまった人間の姿を炙り出す作品であった。ロメロの映画において本当に怖いのはゾンビではなく人間の方であり、その醜さや卑しさが浮き彫りになる。

f:id:mayonaise-tele-tm:20161115124005j:image

f:id:mayonaise-tele-tm:20161115124013j:image

このようにしてホラー映画の中はその裏にしっかりとしたメッセージがあり、かつその時代の"恐怖"を映し出す鏡でもあるのだ。直接的にメッセージを伝えるのでは芸がないし、そういったものをシナリオや画面に落とし込んでいくところに魅力を感じるのである。

 

一方、ホラー映画のバイブルとも言えるトビー・フーパー監督の「悪魔のいけにえ」も好きな映画の一つ。こちらは風刺等というより、より「恐怖」を追求している作品だ。一切の同情を排除し、唐突に理不尽が襲ってくる映像が待ち受ける。映像の粗さも相まって恐怖感は非常に高い。カルト的な怖さ(理解が出来ないと恐怖を感じるものだ)もあり、昔の作品ながら未だに色褪せない。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161116133924j:image

ホラー映画には上記の「悪魔のいけにえ」に代表されるような、お決まりのパターンが幾つか存在する。

 

⒈若い男女が1台の車に複数で乗る

⒉大抵キャンプのような人気のない隔離された場所へ行く

⒊道中のガソリンスタンドで奇妙な話を聞く

⒋その話をする人が気味悪く、皆話を聞こうとしない

⒌目的地に着く前に異常発生(道中で拾ったヒッチハイカーが死ぬ、車がパンクするなど)

⒍カップルが情事中に殺人鬼に遭遇

⒎生き残るのは処女の女性

⒏「惨劇はまだ終わらない…」的な感じのラスト

 

他にも挙げればキリがないが、この辺は大体当てはまる映画が多い。導入部分となる⒈では皆マリファナを楽しんだりと青少年ではないパターンが殆んどである。それは⒍にも表れている。ヒッピームーブメントから来る性に寛容な若者たちへのアンチテーゼだろうか。⒎もその理由だろう。やはりというか、悪い奴らはロクな死に方をしないぞ、だから真面目に生きなさいというメッセージがあるのかもしれない。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161123043847j:image

定番化されすぎてパロディにもしやすいので、コメディ色の強い作品も多い。「スパイダーマン」で名を馳せたサム・ライミ監督の処女作「死霊のはらわた」はホラー映画の体をしていながら本質は寧ろコメディであった。映画評論家の町山智浩氏曰く、アメリカではホラー映画でよく笑いが起きるという。日本ではあり得ない事であり(勿論文化の違いはあると思うが)、もし笑いが起きようものなら「自分には理解しがたいところで笑っている!何処かネジが外れた人に違いない、同じ空間に居たくない」と、別の恐怖感が生まれてくる。

サイモン・ペグ/ニック・フロストの「ショーン・オブ・ザ・デッド」なんかまさにパロディの宝庫。それでいて芸術としての作品に仕上げている点が素晴らしい映画である。

他にも「キャビン」という映画があるが、こちらもホラー映画通にとっては涎が出てくる事必至の内容となっている。パロディの元ネタを探して映画を探していくのが寧ろ楽しいくらいだ。

 f:id:mayonaise-tele-tm:20161123043934j:image

f:id:mayonaise-tele-tm:20161123044122j:image

上記の通り筆者がホラー映画を好きな要素は挙げればキリがないが、所謂グロテスクな表現はあまり好きではない。効果的に使用されるのはまだ良い(刹那的に見せて逆に余韻を残したりなど)が、劇中でしょっちゅう見せられては堪ったものではない。"恐怖"とグロテスクは似て非なるものである。それを一緒くたにしてある節がある映画も数多くあるため、その点上記の「悪魔のいけにえ」はグロテスクな描写は皆無と言って良いほどない。繰り返されるのはチェーンソーの音と女性が叫ぶ映像。これだけでも十分なほどの怖さがある。

 

低予算性もホラー映画が好きな理由の一つだ。「13日の金曜日」や「悪魔のいけにえ」などは無名の役者を用いる事でコストを抑えているが、こうした作品の方でもビッグバジェットムービーと呼ばれるようなハリウッドの作品よりも面白い事は多々ある。お金がなければよりクリエイティブになる。その環境が面白い作品を生み出す鍵になるのである。